読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美意識 vs 食欲 ーー美しいものに惹かれる心が最後の砦だったとさ

 

 

 

ファミリーパック一気食べ、辞めました。

 

joe.hatenablog.jp

 

 

なんでって…大台に乗ったからです。


友人が撮った写真で笑う二重顎が醜い!
膨らんだ腰が醜い!
たるんだ背中が醜い!

 

完全な食べきった感! で終わらなかった今回の白砂糖フィーバーは、またくる危険があります。ヨガの八支則とはよくできたもので、身体を整え(準備ができたら)内側への探求をはじめるという… チョコ買うためにスーパーへ走るわたしは、砂糖切れたら落ち着いて座れませんもの。貪る心もさらに醜い!

 

完全白砂糖抜き だなんて言ってない。まずお菓子を買わないことからはじめます、そもそもね、ファミリーパック毎日抜くだけでも変化が起こり、4日目で体重は2キロ落ちます(どんだけ食べてたんですか?)

 

おい! わたし!

 

身体の調子も、ややスッキリしてきます。生の野菜と果物をたっぷり食べたくなります。ねじりのポーズが深まって、嬉しいエキスが湧き出ます。わたしはまだまだ身体に引っ張られるから、メンテをしないとすぐ戻る。

 

 

 

綺麗な景色、彫刻や絵もそうだけど、黄金比、白銀比、シメントリー、フラクタル…教えられたわけじゃないのに、感覚で美しいと感じる調和したバランスがあります。

 

f:id:reikoro:20160428171906j:plain

http://www.goldennumber.net/leonardo-da-vinci-golden-ratio-art/

 

f:id:reikoro:20160428172036j:plain

https://www.citethisforme.com/topic-ideas/math/The%20Golden%20Ratio-10808318

 


よく目にしていたものへ愛着を感じるのが人間。

何度も転生するなかで、どんな時代のどの場所にもあり、一番目にしてきた「自然」。そこにはフィボナッチの法則が多く入っています。

このフィボナッチ、数式どおり並んでいくと黄金比ができあがる仕組み。

 

フィボナッチ―自然の中にかくれた数を見つけた人

フィボナッチ―自然の中にかくれた数を見つけた人

  • 作者: ジョセフダグニーズ,ジョンオブライエン,Joseph D’Agnese,John O’Brien,渋谷弘子
  • 出版社/メーカー: さえら書房
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: ハードカバー
  • クリック: 37回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

f:id:reikoro:20160428220756j:plain

Space and Astronomy Megathread (MERGED) - Part 1 - Page 4 - The SuperHeroHype Forums

 

 

いろんな説があるけれど、わたしは勝手にこれだと思ってる。


 黄金比を見て愛着のある自然を思い出し、
 「いいわぁ〜」と惚れ惚れする。

 Raga(執着)です、らーが!

 

 

印刷の仕事もそう。組版という文字だけの世界にも美しい「フォント」や、禁則字間「文字組み」というルールが存在します。図形、色のトーン、配色パターンでイメージは変わります。写真の配置や全体のレイアウトで、受け取る感覚が変わります。

 

f:id:reikoro:20160428161920j:plain

Balance in Design[増補改訂版]- 美しくみせるデザインの原則

Balance in Design[増補改訂版]- 美しくみせるデザインの原則

 

 

知ってようが知らなかろうが、

「美」を感じたときには、この法則が当てはまる。

 

わたしの採った不自然の結果が表面に現れます。

二重顎や腰の肉を
醜い と自ら感じられる、
砂糖の欲より美意識が勝ったことが
ありがたい。


これからも、もっと美しいと感じるものを
沢山見たり聞いたりして
標準装備の美意識という機能を強化していきとぅございます。

 

 

…だって3回目 こわいじゃん !!