読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術テロリスト  Banksy

 

Wall and Piece

Wall and Piece

 

ステンシルがメインのグラフティー職人。

顔も本名も隠した覆面アーティスト。

シニカルなメッセージをゲリラ的にこっそり描いては去って行きます。

その作品がいつの間にか高額で取引されるようになり、さまざまなオファーがやってきますが、彼はそっちに行きません。

blurのジャケットは描くけれどDavid Bowieは断る。

montageとTシャツは作るけれどNIKEやmicrosoftとは仕事しない。

 

つまり、金で動かず自分のイズムで動いてる。

 

ものすごく気になる…

f:id:reikoro:20140929150412j:plain 

f:id:reikoro:20140929150328j:plainf:id:reikoro:20140929150436j:plainf:id:reikoro:20140929150448j:plain f:id:reikoro:20140929150526j:plain

 

いまでも町中でひっそり描いているグラフティライター。

飾られた額縁に入るものを描く気は無いらしい。

 

リビングやダイニングに飾られることがストリート・アートの宿命だとは思わない。美術館なんかよりも河川敷のほうが空間として興味深いから

 

f:id:reikoro:20140929154642j:plain

↑ ↑ ↑ ↑

記事の頭に紹介した本、Wall and Piece

上のグラフティが表紙です。

何気無く見ていたこの表紙、これが

「パレスチナの分離壁に描かれたもの」と知ったとき!!!彼の凄さを理解しましたよ。

 

f:id:reikoro:20140929153306j:plain f:id:reikoro:20140929150627j:plain f:id:reikoro:20140929150640j:plain f:id:reikoro:20140929150614j:plain

切り取られTシャツやマグカップのプリントになることより、

この土地の この壁に描かれることの意味。

彼がイギリスから此処へ描きに来た意味。

 

ペラペラと語るより、一枚の絵で伝える凄さまで。

そして、自分自身のアピールは無しで帰ってく。

こういうの たまんない。