読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中で。心の中で。人から音楽を奪うことは決してできないーー身体は天才

music/art

   
お気に入りの音楽は、一瞬で気分を変えてくれます。
 
本当に美しい音楽を、ひとりヘッドフォン付け大音量で聴いていると、全身の細胞がジョワ〜〜〜とシビれてくるのです。自分はなんて単純なんだと思うけど、子供の頃からーー大人になった今だって、音楽に救われることが沢山あります。
 
 
映画/ショーシャンクの空に のワンシーン
主人公のアンディが「フィガロの結婚」のレコードを許可なく爆音で流し、反省部屋(独房)へ入れられます。二週間後に表へ出てから仲間に言ったセリフがあって
 
「懲罰房はどうだった?」
「快適だった」
「うそつけ。地獄だろう」
「モーツァルトを聴いていた」
「まさか、独房でレコードを?」
「頭の中で。心の中で。人から音楽を奪うことは決してできない」
 
 
 
コレ!
 
 
 
音や唄 ってのは、コレです。
カセットテープの時代は終わり、CDスロットも消えはじめ、ついにデータの時代になりました。現在は物理的にしまうスペースも必要ありません。
 
マントラやシュローカ も
口と耳だけ、  音 として伝えられてきました。繰り返し口ずさみ、その譜を覚えれば、何も持たずに何時でも何処でも、その教えを思い出すことができます。
 
ハードディスクやクラウドへ保存するように、頭や心の中へしまうことができ、何時でも引き出せます。おまけに何ギガ使おうが無料です。そんなスーパーツールが標準装備で付いている この身体。(歳とるとたまにデータが消える)
 
 
 
勝手に悩んで落ち込むのも、自分の頭や心であり、
音楽引き出して立ち直るのも自分の頭や心だという
 
自作自演  ( ´ A ` )
 
 
わたしのiTunesには、聴きたくない音楽は入れないし、見たくない画像も入れません。
わたしの身体のハードディスクにも、要らんものは入れません 。容量のムダ。
 
 
 
 
ボリュームはMAX!!!!!!
 
 
 

 

Le Nozze Di Figaro

Le Nozze Di Figaro

  • アーティスト: Vienna Philharmonic Orchestra,Alfred Poell,Wolfgang Amadeus Mozart,Erich Kleiber,Hilde Rössl-Majdan,Hilde Gueden,Lisa della Casa,Suzanne Danco,Anny Felbermayer,Murray Dickie,Hugo Meyer-Welfing,Vienna State Opera Chorus
  • 出版社/メーカー: Decca
  • 発売日: 1999/08/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る