読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与えつづけることによって貧しくなることは絶対にありません(すわみ・しばなんだ)

 

はてなブログには、一年前/二年前の記事をお知らせしてくれる機能があります。

たまに、浅い理解で偉っそ〜〜に書いている記事が出てきて、恥ずかしくて消したくなりますが、自分の成長記録としてとっておくことにします。

(ああ、消したい!)

 

「恥ずかしいと思う自我」を客観視する練習です  ( ・᷄д・᷅ )

 

joe.hatenablog.jp

 

与えるについてーー2.0(地道にバージョンアップ ♪ )

 

与える動機/行為の動機

与える動機の大ボス2名「愛されたいから」と「愛しているから」。

やってることは同じでも、
動機が違うと結果が変わる。

渇望して他所から手に入れようとすれば、ずっと足りない。与えようと自ら出せば次々湧き出る、、、不思議なんすよ、なんだこれ?? みつを にも、

f:id:reikoro:20170419230229j:plain

(饅頭は真ん中から割ろうね w)

 

身体も心も「道具」と知る人は、どっちも自在に操れる。道具を使い、行為と想いを捧げます。

湧き出る思いを観察し続けると、いつもいつも「自我/エゴ」がいます(エゴは悪者じゃなくて観察の対象)。この人は一生付き合う同乗者、でしゃばりだから上手に付き合っていかねばなりません。

 

 

自分自身の宿題は、目の前に/日常にあらわれる。異国でも近所の駅でも、どんな場所でも自分の置かれる環境にあらわれる。毎日が最高の練習場で、クリアするたび自由度が増すしくみ。

だから
キッツイことも「試されてるわ〜!」と、思えるように変化した 2.0。

貰おうとすればすれほど足りなくなり、与えれば与えるほど満ち満ちてくる、、、 2.0。

みっちみち ♪ 

 

 

全てに奉仕し、全てを愛しなさい。

 

思いやりをもって与える事、

十分に与えること、

いかなる報酬も期待せずに、

愛を持って与えることは、

人の一番初めに行うべき本分(義務)である。 

 

なぜなら、

人は与えることで失うものは何もない。 

そればかりか、与えたものは千倍も与え返される。

 

全てに優しくありなさい。 

憐れみ深く、赦す範囲を大きくしなさい。 

全ての人を自分自身と感じなさい。 

あなたの仲間、彼らに内在する神様に

差し出す崇拝の魂の中で、仕えなさい。 

人への奉仕は、神様への本当の礼拝である。 

 

与えなさい。与えなさい。

与えつづけることによって

貧しくなることは絶対にありません。

(スワミ・シバナンダ)

 

 

f:id:reikoro:20170420181210j:plain
( H.H. Swami Sivananda Saraswati Maharaj )

Ayurveda – H.H. Swami Sivananda Maharaj | Deinayurveda.net