読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめまして深層外旋六筋ーー人生初、お尻との対話(愛の反対は無関心)

 

お尻の筋肉、有名なのは大臀筋/中臀筋/梨状筋。

パカっと外すと「深層外旋六筋」が控えて居ます。

長年連れ添ってきたのに、存在もお名前も存じませんで、、、フォーカスすると動き出す六筋。

 

去年末から、いろんな「ほぐしのエキスパート」たちに尻ほぐしを頼み、自分でも寝る前にナデナデ。今まで苦労かけたねぇ、、と念じ撫でながら ふと思うーーマザーテレサの言う『愛の反対は無関心』は、こういうこと?かと。

愛は尻の肉も溶かす…なんちゃって

 

 

f:id:reikoro:20170210154629j:plain

http://seitailabo.com/chapter1/pain/pain215.html

 

O脚で脚の外側が凝る人、結構いると思います。

 

トリコナアーサナがいつまでたっても苦手な私も、腰が傾きガチガチに硬い。

二、三時間立ち続けるとパンパン。夜にストレッチして戻し、次の日また戻るの繰り返し。そんな対処療法じゃなくて元から治したい。

 

脚の付け根が離れている→外側加重になる → 外側筋がコリ 硬くなる、悪循環。脚内側のトレーニングも一案だけど、正しい場所に正しく骨が居れるように戻してあげれば、体は自然と順番にほどけていく。ほんとうに、全身タイツ仕様に繋がっている。

今までノーマークだった仙骨周り、お尻エリア片っ端に、まず緩めてみる。

人生初めて  我が尻と対話してみると、頑なな尻がほぐれてくるーー愛を向けられ お尻が心を開いてくるのか、、、1ミリずつでも緩み始めると太腿が外旋しやすくなる。ついでにお腹の奥が伸び始める。

立つ時に、お尻の下の肉(脂肪)が、ぴっ と寄せられ、肉(脂肪)が居心地悪そうにしているのが よくわかる。

みんな、こう立っていたのか!

f:id:reikoro:20170210160201p:plain

  • 緩め始めてから脚の疲れ方が確実に変わった
  • 太腿の前の肉が「今まで邪魔をして居た」と歩くだけで気づく
  • しゃがむ時、脛のバランスが変わり(内側で踏ん張れるようになってくる)、スネの凝り がわかる
  • 前屈の時、お尻の奥まで伸びるとはこういうことか!!と体感する

 

尻伸ばしプログラム

f:id:reikoro:20170210214157p:plainf:id:reikoro:20170210214841p:plain

f:id:reikoro:20170210214444p:plainf:id:reikoro:20170210214756p:plain

プラス、ランジとトリコなーさな。。

真剣に意識向けて吐く息で詰まりを流す、たまにマントラ唱えつつ念を送る、、、。3ヶ月続けると結果が出ないわけがない。

移動中の重心が変わります。内側で踏めるという意味を  さらに体験できる。

 

以前 教えてもらった、観察者効果(量子力学)によると

素粒子は人が意識を向けるまで「波」状態でいますが、意識を向けられた瞬間「物質/粒」になります。
観察者の影響を受け、誰がどういう意図で観察するかで、その結果も違って来ます。 さらに電子の観察時、観察者が期待した場所に現れる…

 

想い、呼吸、身体、重力、総動員。します。

関心  は、愛の一種だと お尻に教わる 2017冬。