リインカーネーションーー満たされない想いは、同じところをグルグル周す

 

 

「私が主人公の話」を見ている「夢」。

(昼寝中)

f:id:reikoro:20160607221725p:plain

 

わたしは猫でした。

ダンボールに捨てられていて若い兄さんに拾われます。猫のわたしは彼に恋をするんだけれど、猫だし、伝わらないし、寿命が短く病気になり、彼に抱っこされつつ死んでいきます。とっても無念で「人間になりたい」と思いながら死んでいきます。

 

次の生で念願かなって人間になります。

彼を探すけど見つけられず、おわります。

 

次、また人間の女子。

彼は学校の先生として現れます。わたしは子供で、やっぱり彼に恋をするんだけど、年が離れすぎていて相手にしてもらえません。わたしは彼の側にいたくて、先生が老人になるまで関わります、車椅子を押すところまで。彼の死に際にたくさん泣きました。

 

で、今回(まだ夢の中です)。

彼は医者でした。わたしは超美人の若い女性として生まれ、怪我をして彼に近づきます(ちょっとコワイね)。今回は年齢を近づけ、ついに彼と付き合うことになりましたが、彼は結婚していたので愛人として何年も過ごします。限界が来てお別れのとき、彼が抱っこしている猫を見て「猫だったらよかったねー」みたいなセリフを… んで、よく見るとその猫は最初のわたし!!!

f:id:reikoro:20160607221725p:plain 

という「映像」を見てる「夢」…

 

ホラー?!

(つД`)

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

けどさ、これよくできた話で

いつも無念のまま、死んでいく私を客観視しています。

どんな身体に入っていても「手に入れたい!」「でも手に入らない!」と苦しんでいるそいつ(わたし)を見て思った

ーー手に入れるとかそんなんじゃなくて、気持ちが通じて、一緒に過ごせて、百万回の猫じゃないけど自分と相手の境がなくなるくらい大事に思えるなんて、

サイコーじゃんね??

f:id:reikoro:20160607221725p:plain