読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせってなんだっぺ?ーー幸せに「なる」もんじゃなくて、「それ」だった 〜メガネ、メガネ〜

yoga

  

 

幸せにしてね、
幸せにするよ、
幸せになりたい!   

言ったり聞いたりしますよね。

 

私らは、幸せになるために
人生かけて、
いろんな努力をするんだけれど、
じつはもともと幸せだったと言われたら
超ズッコケません??

 

メガネ、メガネ、と探してて

じつはかけていた、みたいなやつ。

  

 

先日、初めてジョーティッシュ(インド占星術)を受けました。生まれた日時や場所から、自分の宿命を診てもらえます。

太陽と月の暦「ヨーガ・プシュパン」 ハヌマーンの手

田辺しのぶ さん

 

彼女の話が面白すぎて、
時間過ぎても話が止まらず、
占いの結果は…

忘れた!! (;´ ∀`)

 

 

 

 

ここでは、生まれてくる原因はカルマという考え方。

今世は自ら蒔いた種を刈り取る場、魂成長の場ですから、起こる課題をあたりまえに受け入れます。宿題みたいなもんですね。その役割をこなしながら生きる知恵を、ヴェーダで教わります。すべきことが明確に存在する世界は、比較や嫉妬、選択の迷いが少ないように感じます。

 

だって、清算中だから。

あるところでは、宿題のできる環境を自ら選び その両親のもとへ生まれにいくとも言われます。今は課題を忘れてるけど、生まれる瞬間まで  やる気満々であの家に生まれたのかもしれません

ーー  てなわけて、しゃーなし、と受け入れます。

 

 

すべての人が、じゃないけれど

世間一般で言われる「幸せ」は、何かを手に入れる、体験する、求める状態になる等、条件付きの 〇〇だから幸せ     ですが、

 

ここでは
生まれたときから「幸せ」なのです。
「なる」もんじゃなくて「それ」だった。

 

 

これさ、頭の隅に置いておくと
考え始めて、ふとした瞬間に
いろんなことが  どーでもよくなります。
(面倒だからどーでもいい じゃなくて、無駄な要らない考えが、です)

もう、親知らず革命改め、脳内革命ですよ。

 

だって私ら  しあわせで
充分持ってて、
欲しがってたそれ、そのもの?
そこからのスタートです。
足そうが引こうが、どっちでもいい。
(面倒だからどっちでもいい じゃなくて、どっちもオッケー、です)

どっちも どんとこい。 

 

 

「迷ったら古典へ学べ」

いや、ほんとに…

迷いっぱなしのわたしは
一生かけて学びます。

 

宝くじに当たったら
宇宙旅行に行きたかったんだけど、
こんな身近な内側に
深い宇宙がありました。

 

一番知らないのは、じぶんのことだったねぇ

 

 

f:id:reikoro:20160701145038g:plain

  

 

自分に与えられた生き方が好きになれる、それがヴェーダの価値感

占星術で使う、その人の生まれた時間の惑星の位置を記したチャートのように、その人それぞれに、宇宙でのポジションと言うものが、唯一に与えられています。
それらは、楽しいことであったり、悲しいことであったり、好きなことであったり、惨めになるくらい嫌なことであったりしますが、全ては自分の成長の為なのです。成長してどうなるのか?ということにもヴェーダは、ヴェーダーンタの中できちんと教えています。
人生いいことばかりではありませんが、全てを宇宙からのプラサーダとして受け取ると、ここにあるもの全てに奇跡と感謝を感じながら、平和=幸せに生きることが出来ます。
「幸せになる為のサバイバルな人生」から、
「自分が幸せだから、他の生き物も幸せにしてあげられる」に、
「なりふり構わない消費者」から「優雅な貢献者」へと育ててくれるのが
ヴェーダの教える生き方なのです。

 

ヴェーダの智慧 幸せな人生マニュアル: 人生の4つのステージ(アーシュラマ)