読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルマヨガの効果(Trijana バージョン)ーー自分の愛し方

yoga 人間観察
 
料理が苦手
英語が苦手
クラスを持つのが緊張する
小さい頃の影響でビビリ
(本人談)
 
 
私とTTが同期のトリジャナさん。
日本人25名、そのなかでゆいいつ東京センターで同時期にカルマヨガをしたのが彼女です。私から見た、TT中の 彼女の印象は「谷底のように 腰が低い人」。
 
Trijana (トリジャナ)

それは不偏。
形なく時間なく変わらず、本質的に永遠な純粋意識。
ブラフマンな存在である。
 
 
ある日高円寺を歩いていたら、商店街でバッタリ会いました。彼女は既にカルマヨガを始めており、その帰り道でした。ヴェーダンタの勉強がしたい私へ、クラスの情報を教えてくれて、さらに彼女の勧めてくれた本が私の脳天へ大ヒット。それが、今の勉強へ繋がっています。
 
センターの仕事はやればやるほど永遠にあります。
私はアーサナークラスと印刷物作りしかやりませんが、彼女はあらゆる仕事をこなします。料理、受付、対応、掃除、クラス、雑用…  全部。
 
苦手だそうです。だけど、こなします。
緊張するそうです。だけど、こなします。
それを続けて数ヶ月。
 
毎週行くたび、彼女の変化を感じます。
姿勢、顔つき、声のトーン、笑顔、
確実に研ぎ澄まされていくのです。
 
会員カードの場所すらわからなかった彼女は、受付に一人で座れるようになり、苦手だった料理も当たり前に作れるようになり、最後は、彼女以外のスタッフが全員インフルエンザへ罹るという…  きっと卒業テストだね
 
こなしました。
まわしました。
これで身につく自信は、
一生の財産になるでしょう。
そしてトドメに、今月から一人でカナダのヨガファームへ行きます。
 
「英語が苦手」だから行くんです。
 
帰りのチケットも最長で取りました、
途中で帰ってこないように。
 
 
天才でしょ?
美しいでしょ?
なんだかんだ言われたって、彼女は動きます。出来ないながらも失敗したり間違ったり凹んだりしながら動きます。最後は苦手が無くなって、すべてをこなせるようになるのです。そこには「谷底のように低く「ドッシリ」とした腰」がありました。
 
 
 
人は毎日変わります。
選択の連続が全く違う人生を作ります。
彼女のように、自分の弱点を確実にクリアしていくと、いつのまにか理想像になっています。そこから見る「ちっぽけではない自分」は、今まで以上に深い理解ができるはずです。
 
自分の弱さを直視して
そこへ自ら飛び込んでいく、
強い心のうつくしい女を
わたしは尊敬しています。
 
 

f:id:reikoro:20160405215118j:plain

 
カルマヨガ最終日が、誕生日!
 
さらに生まれ変わり
「トリジャナ」に近づいていきます。