読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスの背中にある三本の線ーー行為の量より質が大切

book/video clip

 

ラーマーヤナのおはなし。

 

f:id:reikoro:20160319004330j:plain

 
ヴァナラス(वानर Vanara)
海を渡ってランカー島へいくために
橋をつくっていました。
彼らは山を引き抜き、海の中に投げ込むことができる
特別な力を持った人たちでした。
 
 
ヴァナラスのたいへんな働きぶりをみて、
小さなリスたちは何をしたらよいかクンクン嗅ぎ回り、
自分たちには何ができるのかと探し回りました。
 
f:id:reikoro:20160319005409j:plain
 
小さなリスたちには、
ヴァナラスのように岩や木を海に投げ込むことなどできません。
 
 
そこでリスたちは海辺まで走って行って身体を濡らし、
砂浜に寝転がって砂を濡れた身体にいっぱいくっつけました。
 

f:id:reikoro:20160319005757j:plain

 

そして皆が橋を造っているところに走ってゆくと、
身体を震わせてわずかな砂粒を落としたのです。
少しでも橋造りの役に立つようにと。
 
f:id:reikoro:20160319005348j:plain
 
ラーマ王子はこれを見るとたいへん喜ばれ、
リスの背中を三本の指でやさしく撫でてあげました。
 
 
こうして、リスの背中に三本の筋が見られるようになったのです。
 

f:id:reikoro:20160319005737j:plain

  

妄想して 萌え死しそう…