読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇りのないこころで差し出すこと 結果に執着せず行為を為せ その2

前回からさらに続いて、因果応報のような話です。

 
与えたモノが返ってくる  といいますが、
それは形を変えて現れたり、長いタイムラグあったり、今世で返らないこともあります。
 
与えたパンが果物になるのとちょっと違う…。モノは必ず無くなるけれど、強く優しい心は無くなりません。むしろ、与えれば与えるほどにそのチカラは大きくなっていきます。
 
経験値として、数百万円分の 強く優しい心を手にいれる。それを使い さらに倍増させていく。永遠に生み続ける知恵と心を備えたら、富は増え続けます。
 
 
いろんな投資があるけれど、いちばんの投資は自分への投資です。金融商品や、高い保険もいいけれど、自分に必要なチカラをつける、考え方の勉強をする、身体を動かし、健康維持に努めます。
学ぶための100万は、学び終わればあっという間に回収できます。
 
 
対向車に道を譲る、
少しサービスして大盛りにする、
時間をさいて作業する、
お寿司を奢ってあげる、
誰かのために祈る、
 
目に見えようが見えなかろうが 与えることに違いは無く、それと等価な何か
モノ、お金、徳(プンニャ)、信頼、感謝、愛情が必ず返ってくるらしい。
 
貰いたければ与えなさい は、「貰いたいからあげる」という意地汚い欲がはいるので、受け取るモノにも同じモノが入ります。
 
まず、曇りのない思いで 自分から差し出すこと。
それが 「結果に執着せずに行動を為せ」よー
 
 
私らが、美しいものに惹かれるように
宇宙も運もクリシュナも、美しいこころの持ち主が大好きです。そういうひとの味方をします。
 
真理は、間違いがなく  とてもシンプルです。
 
 
f:id:reikoro:20150808125735j:image
 
うちの近所の田んぼ  風が吹いたらメッチャ美しい