弟子の準備ができると、グルが現れるーー謙虚に学ぶ姿勢

友達が教えてくれた記事   ヨガを伝えるという事|鈴の音 を読んで  
 
そこには、教える側の心構え、練習の大切さが書いてありました。私を含め、ヨガを学ぶ誰もが、独りの集中した時間は大好物です。
 
 
インドから帰り、アーサナを真剣にはじめました。
本気に本気、大まじめに です。
部屋でひとり、何時間も集中し汗だくになって練習します。
苦手なポーズと左右差は何回も。
はじめた頃のように、鼻の穴膨らませながら限界までチャレンジします。
 
リシケシではヨガスタディセンターを紹介して貰いました。
そこで、わたしの練習が甘過ぎだったことを心底実感します。壁倒立で上がれなかったのはわたし一人だけでしたから!
 
悔しくて、悔しくて、なんでわたしだけ出来ないんだろー!!と悔しくてしょうがない。倒立状態で行う練習に参加すらできない。わたしひとりだけが先に進めない。
帰ってから大マジに特訓をはじめると、弱点が見えてきます。肩も腰も股関節も固く、O脚で、脚の力が弱い。

練習中に身体を観察すること。
真っ直ぐに伸びているか?  何処に刺激が有るか?  チャレンジしているか?  足裏のバランスは?   意識するのとしないのでぜんぜん違う。
 
調身・調心・調息
「三密」を使うことで能力が開発される
毎日毎日1ヶ月ほど続けた頃に、タマスなわたしの身体に筋肉が付き、活力や力が少しながらも出てくるようになりました。
 
そうすると
自分の歪みに気づきます。
ほんとに…すごく曲がってた。
こりゃ性格も歪む訳だ! やっと自ら気づきます。
 
噛み合わせ矯正中のアーサナは、口の中がグイグイと内から押されるのまで良く分かる。身体の右前面が伸びる時、歯が押される。
 
「身体は繋がっている」と言われますが、ほんとうに… 口の中まで捻じれてる。
歪みに気づかない、認めることも受け入れることもできない頑固者、だから歪んでた。
 
背中、股関節、立ち方、口の中、顎の引き方 全てが変わってきます。
まだまだ途中段階だけど、治り始める感覚がとても心地よい。
長い時間をかけて出来た悪いパターンを、捻じれて歪んだ身体も性格も、元に戻すだけでこんなに爽快。生まれ変わった気分です。
 
この一年で「元に戻る」を真剣に行った結果、ずいぶん汚れが落ちました。
 
わたしが謙虚に学ぶ姿勢さえあれば、
あらゆる人が先生となり、知恵や技術を教え、助けてくれます。
 
心の鎧は、平伏する心、謙虚さ、キールタン、クリア、与え尽くしてくれるひとが
身体の鎧は、背面のほぐし、生活パターンの変更、アーサナーが
そして、わたしの無知を取り払ってくれる先生も。
変わる前から変わった後も楽しく過ごしてくれる友達も。
 
 
勝手に歪んで 勝手に戻って 勝手に感心しています
 
で、勝手に感謝が湧き上がる。なんなんでしょう
 

 

f:id:reikoro:20150714235341j:plain

 

 下座心 懺悔心 感謝心  ねー