身体を使って遊ぼう  40歳からのでんぐり返し

マット一枚あれば、できてしまうのがヨガのいいところです。

一人でも、みんなとも。

逆転やバランスのアーサナーがはじめて出来たとき、身体が思い通りに動かせたときの楽しさや嬉しさ。犬が野山で放たれたときみたいに、全身で喜んでるのがよーーく分かる。

そこに行き着くには、ただ練習し続けるのみで、お金で買える便利な方法がありません。

逆に出来たからって、1円も貰えるわけでではありません。だけど、出来なかったことが出来るようになると、もれなく「自信」がついてきます。

色んなことへチャレンジできるようになってきます。

自分に対して自信があると無いのでは、その後の人生がぜんぜんちがう。

 

アーサナーを通じ、身体をテキストとして学びなさい  と教わりました。

ほんとーだ。

学べることが山ほどあって、こんなに楽しく遊ばせてくれて、使い方次第で自信もつけさせてくれるなんて

とてもいい道具を持っているんだ と、最近つくづく思います。

 

先日、シルシアーサナの準備として、でんぐり返しをやってもらうことにしました。私自身、倒れ方がわからずに指を痛めたので、転がり方の練習を兼ねて。

はじめは、転がれない!と言っていた彼女も、一度転がれると楽しくなっちゃったみたいで何度も何度もでんぐり返ってました。しかもニッコニコな40歳。

子供みたいに楽しんでいる姿に、こっちまで楽しくなってしまいました。

動いたら楽しいのに、動く機会が無いひとが多い。

身体は使えば使うほど 鍛えられて使えるようになってきます。今はたまたま動かない時期が長くて固まっているだけ。楽しんで遊んでるうちに筋肉も柔軟性も付いてきます。

私にだって出来たんだから、必ずできるようになります。

 

ダンスや歌と同じように、声を出したい、身体を動かしてあそぶのが楽しい、伸びるのが気持ち良い…。人間本来の姿がそこにあるのかもしれません。

 

f:id:reikoro:20150602151507j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする