読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高きに登るは必ず低きよりす  シルシアサナ(ヘッドスタンド)2

前回に続き、足先まで伸ばすため、壁を使って練習を続けること数週間。

座り仕事で足がむくんでいたせいもあり、逆さになることの気持ちよさを堪能していました。

 

ある日、壁が無いところで練習し始めると「怖くて」足が上げられない。

 

「壁を使って練習しすぎると恐怖心がでるよ」 忠告されていたとおり、恐怖心でまくりです。早く上にあがりたくて完成形ばかり求めて急いでしまう。恐怖心で足がぷるぷる。

しまいには、反対側に鈍い音とともに腰から落下。足を伸ばして倒れた事がなかったので(いつも壁が支えてくれていた)どう落ちたかもわからない不思議な落ち方。

 

倒れる練習アゲインです。腰からでなく、足先から落ちるように。

おそるおそる わざと向こう側にたおれてみたら、思ってた以上にあっさりでした。

なんだか、人生みたいです…

 

なもんで、また始めからやり直し。

 

  • ゆっくり歩いて自然に足が上がるまで待つ(ドルフィンの練習もかかさずに)
  • 上がったら 膝を太ももに付け曲げた状態で静止(ここで楽にキープできるようになったら次に進む)
  • 静止出来たら 膝を曲げたまま 太ももをおなかから離す(ここで楽にキープできるようになったら次に進む)
  • 静止出来たら 膝より先を上げる

 f:id:reikoro:20140916150155j:plain f:id:reikoro:20140916150209j:plain f:id:reikoro:20140916150239j:plain f:id:reikoro:20140916150300j:plain

 

初めて出来たときはたった5秒位。やった〜〜て声出す余裕も無かった。

達成感がハンパない!