読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書くことの意味  パンクとヨガと貝

わたくしごと

f:id:reikoro:20150629174531p:plain

about - 鳥獣戯画制作キット

 

 

このブログは、私に足りないものをつけるために始めました。書くこと・アウトプットの効果を知り、必要だと思ったからです。

読み手の顔が浮かぶと書き辛くなると聞き、アドレスは誰にも教えず始めました。まずは50記事、または一年、続けられたら…考えようと思いました。

結果、それは大正解の大きな実りをもたらしました。

 

 

我が実家では「家族に自分の心のうちを話す」ことがありませんでした。よくいうACです。まだ子供だった私は、素直な思いや感情を晒すことを 貝のように閉じていました。

受け入れてもらえない   と、開示もなくしました。

 

そんな閉じた心の娘は、バンドブームに乗り  16歳でパンクにハマり、何時間でも話せる友達が学校の外にたくさんできました。

とにかく楽しくてしかたない。

ハードコアに流れていって、思想も服も周りの世界も全て変わりました。もちろん家ではさらに放っておかれます。変わる娘が気に入らないでしょう。

家を出て、アパートを借り好きに働き、自由の楽しさを知りました。自立、創造、門限無し、なんでも話せる楽しさ、解放感が嬉しくて、大変ながらもこの経験は大きな自信になりました。

当時 聞いていた音楽が、バイブルみたいに 今も私の根底にあります。

 

そのうち、好きな男と暮らし始めて

歳をとるごとにズレてくる。普通の女子ならお別れするでしょうが、変な我慢を身につけたAC女は共依存になります。帰るとかも無いし、後半の数年は苦行みたいな生活…

もう一度貝になってぴーっとぜんぶ閉じました。不幸なのに不幸を認めないように  笑い飛ばしていました。

ガンコばばあ。

 

そうして、ヨガに出会いました。

バイブルが、ハードコア+ヨガになりました。

哲学を知り始めると面白くて面白くて

2つは似ているところがあって…強くて、シンプル、多くを持たず、世間に流されず、自由を自分のなかに見る。1つだけ無かったのが、バクティ(ガンコを解くカギのひとつでした)

 

ヨガをはじめて、知人や友達、素晴らしい先生にたくさん会いました。差別じゃないけど、ヨーギーの友達は人種が違う  と本気で思った。

久しぶりに蓋を外して殻を広げて全部全ーー部出しました。涙も鼻水もヨダレも思いもすべてです。そしてアプトプットのことを知ります。

実際に始めてみると「考え」は外へ出せば出すほど、整理されること、自分の知ったことを出せば出すほど深まるということを、はじめて理解しました。

 

自分のことを書くとは不思議なもので、はじめはバラバラだった考えが自然にまとまっていきます。話で聞いた以上に整理されていきます。

貝の時代を取り戻すように、どんどん蓋をはずしていきました。あーこんなこと思っていたんだと、自分を内観できるのが素晴らしい。

さらに出来上がった文章を読めば、自分を客観視できます。

 

削除した記事がたくさんあります。

そこには私の毒と他人への皮肉がたくさん書いてありました。二日後、三日後に読んでみると、ただ自分を正当化しようとしているだけの、本当に汚い記事。

とても恥ずかしい文章で、心底その嫌な部分をなくしたいと思いました。

 

そうして、アウトプットと客観視を繰り返すうちに、

すべての行動は自分の意思で行っている ことに気がついてきます。

…たかがブログで壮大ですね ( ´Д`)  と思うなかれ、ほんとうです。

 

書き手は思いのままを書き、読み手は興味ある記事を読みます。

登録も繋がりも必要なくてオープン、全く知らない未知の誰かと内容だけで繋がれます。読み手が自らアクセスして行く「ブログ」というシステムが「貝」出身のわたしには心地よいのです。

 

「心のうち」をここで書くことが、自分の探求になります。

リハビリを重ねて、人間性が少しマシになってきました。